ゆーなぎ@悠々自適 投資信託生活

2019年から始めた投資信託のこと また、それに関連するような内容のブログです。 たまに、閑話休題も含めて、記事ネタというか時事ネタを切り込んだりします。

ちわっす。



投資信託で、よく、積立~とか、分散投資~とか聞きますよね。
結局のとこ、そういうので、ひとまずは、といういうか



あとあと、不利益が起きても、なるべく
利益になっている”状況”になっているようにする。とか
そういう現状維持をなるべく保ちながら、という感じで




いわゆる、中長期とか、長期型投資とも言われますね。
ちなみに、インデックスだとか、アクティブファンド系は、大体投資信託だと
こんな感じで投資されます。


という感じで、投資信託も色々あるわけですが・・・・。



さて、ここで、利率6%程度で、毎月いろいろとやった場合、という単純な考えで
売買した場合
ひとまず、下記のような計算みたいになります。

スクリーンショット 2021-10-11 143117_2


売上※予定(あくまで投資額に対してかける0.06しただけ)
毎回投資額(大体26万1千円からスタートとして)
投資額からの利率売上(とりま、毎月全部買い、全部売却した場合の単純計算で)



となると
26万1千円は→12か月後、52万5183円となります!(ぇ
みたいな感じですね~でした。



大体、1年間で、20万円前後が、50万円前後まで増えます。
つまり、極端な話、増えるんであれば、増えます(爆


という感じで。


で、この場合、分配金の場合だと”普通分配金、特別分配金”という風に区分けされているわけですが
この場合、いわゆる株式投資と同じような処理みたいになるようで
いわゆる”株式売買譲渡益”のような扱いとなります。


つまり、分配金の際と、同じようになるわけですが
この場合、配当所得とはなるか?という意味だと、ちと微妙かもしれんですね。




そういう意味だと、総合課税の方ではなく、必ず”申告分離”の方で計算されないとまずい気もします。




といっても、あくまで、分配金が支払われるときに徴収されるように
売買の際にも、徴収されるため、ほとんど同じっぽい。


しいていうなれば!!!


売買収益は、そのまんま、収入の税金対象となります!正確には、徴収された対象?みたいな


今まで、配当所得のみの確定申告くらいだったので(だって、売買収益、年間120万円とかいってなかったし・・・・
配当所得はともかく(ぇ





という感じだったので

譲渡損益の方も・・・・
って、特定口座だし、まあ、別にわざわざ個別に確定申告しますかっていうのもあるけど
申告分離する必要はあるわけで・・・・という。

なので。





まあ、とにもかくにも、譲渡損益は、譲渡損益で、別紙で
利子、配当所得も別紙記入みたいですし・・・・。

譲渡損益は、復興特別所得税とか発生するみたいですね。

ということでした。





それでは!!!





2

ども~

さて、ここで、少し、確定申告だの、住民税申告などのお話を。

さて、仮に、ですが(まあ、ほぼ自分の実績の話ではありますが)

毎月、10万円ほどを200~400万円ほどの投資で、うまいこともらえるとしましょう。
ただし、途中で、減配だの、ちょっと、うまく投資がうまくいきませんでした。
結果的に、毎月分配で、10万円はもらえていたけど、少し減って、108万円でした、と。(年間100万前後もらえる前提で)

そうなった場合、確定申告をするとこういう風に
◆配当割◆が効きます。
そして、その配当割が実際に※★還付申告★※として
自分の指定した銀行口座に振り込まれます。

以下、表計算ソフト(Excelですけど)でざっくりと。

スクリーンショット 2021-10-06 175029

このような計算になります。
所得税15.315%、住民税5%で、総合税金20.315%です。
その配当所得から5%引かれたのが(計算上は、108万×0.05)をすると
それぞれ、5万円前後が、税務署、市区町村から還付されます。
ちなみに、市区町村からは、郵便が届いて、この金額の配当割なので、その分還付します、というような感じで
振込確認の郵便(ただの普通郵便です)が届きます
ちなみに、税務署には、形式ぶって、あまり固い用紙とかでもなくても
ふつーのA4サイズとか、そこらの用紙で印刷して、普通郵便とか(でかいサイズの封筒サイズですけど)で送付してしまえば、もうあとは、こちらのもんです。
逆に、私の場合は、何か連絡があったら「えぇ、それでしたら、税務署側では、受理できないってことですよね、市区町村では受理されているのに?」っていう切り替えしをしたら、だんまりされて、受理されましたw

ということで、毎月分配でない場合は・・・・?

というのは、次回に続く~!!!!(実はまだ知りません!wwwww

それでは。。。。。

5
大体は、という感じです。

どもです

さて、それでは、という感じで、軽く、投資信託の現状況に関して、軽くブログにしておこうかな、と。

で、軽くは、という意味だと

軽く、特別分配、普通分配という、確定申告すれば返ってくる金額とか、軽く公表しときます。

という感じで
SBI証券、それから、楽天証券。

◆SBI証券
sbi_20211004_r1

※SBI証券の画像の細かい内容を以下記載
◆評価額 ◆累計売却金額 ◆累計買付金額
◆累計分配金額 ◆前年度評価額
2021年 591904 706702 730024 +27426
135625 576781 +1.94%

2020年 576781 1089165 1165352 -253555
281930 1036079 -11.51%

2019年 1036079 450332 1505606 +20668
39863     0 +1.37%

◆合計累計分配金額(13万5625円+28万1930円+3万9863円=45万7418)
※大体1~2年(12~24、で、おおよそ24で割ると月々2万程度)

◆楽天証券
rakuten_nisa_20211004_r1

※楽天証券の画像の細かい内容を以下記載

       ◆評価額       ◆累計受取配当  ◆累計売却金額  ◆累計買付金額 ◆累計損益
 ・分配金 
2021 NISA 276543      372743          32387    349752 +331921
2020 NISA 689954   589086          10944    1200000 +89984
2019 NISA 622082   58960 109231    1200000 -409727

◆累計受取分配金/37万2743円+58万9086円+5万8960円=102万0789
(おおよそ24で割ると、月々4万前後ですけど、まあ、NISA口座ですのd(ry

※というか、本当に画像見づらいな!!wwwww

こういう意味だと、地味にコロナ渦中での特別分配金(というか、NISA枠なので、必然と非課税の分配金での受取に)
という感じですね。

他に、いくつか、証券口座は、5~8個くらいありますけど、割愛します。

で、今のところは、正直、還付(税務署、それから、市区町村から)もあるので
かなりのボーナスがもらえますw

正直収益関係あるの?っていう。
まあ、収益込みは、正直いうと、関係ないんですけどね。
とはいえ、投資信託だけで、収益意外って、色々と想像つきますよね。

さて、そういう意味だと、いろんな方法で、投資信託で、事業展開も含め、それから開業、未開業も含めて事業としても収入を得られるのでかなりの大満足しとります。

といっても、個人的には、満足してませんけどw

で、大体は、というと、ここ、数年で、30~50、それから、50~80万円くらいの還付を受けているので
◆というのは、、、、、まあ、画像を見てくれればわかるかもしれませんけど
ネタバレいうと、確定申告をそれぞれ税務署と、市区町村に出しているからです。

ということで、それがある意味ボーナス、というのは、先ほど言った通りですけど、という感じですかね。

それにしても、こういう風に、ざっくりとしたサマリーを証券会社に記載しているのはわかるんですけど

証券会社って、細かい手数料というか、それぞれの会社委託の部分が
手元の表計算で計算したりすると、実際は、マイナスでも不利益でもなく、実は利益だったするんですよねぇ
(還付とか関係なく。)という感じですよね。

なんか、なぜ、みんな株式投資とか、そういう少額投資とかで、色々と手間かけているのか、という感じなんですよねぇ。

まあ、それはそれで、たぶん、暇だから、そういう風に手間かけているんだろうなぁ、という感じ。
暇を作って、休憩でもしようかなぁ、とか、時間ないから、そういう風にするしかない、だとか・・・・。

大変だろうなぁ、という感じですね。

少し、閑話休題というか、一旦話が逸れるので、それで、一旦投稿します。

それでは、テキトーな感じでがんばりましょー。


5

どもです。

さて、投資信託絡みで他には?と思ったんですが
正直話すようなネタがありません(ぁ



まあ、せいぜい、お試しというか、余剰資金とかで遊び感覚でやっている
株式取引とかもありますが、正直取り上げるほど何か取引してるわけではないので(ぁあ~w

という感じですかね。

最近、目をつけようかな~と思い始めたのが


証券担保ローン


です( ー`дー´)キリッw

と思って、軽く調べると
大体※★現物株式★※が担保対象・・・・。
だよな~

投資信託関係とかはねーのか。と思って

調べてみたら、大和証券と、野村証券で取り扱ってるみたいで

野村証券だと、60%、大和証券だと50%程度みたいです。

なのて、50万円の投資信託を購入したとしたら
大体25~30万円くらいが担保金として、ローン借入的なのができるみたいですが



野村証券
は、最低50万以上からのローン借入。
大和証券は、最低30万円から。
という感じなので。

大体、野村證券は、最低でも100万円程度の投資信託が必要。
大和証券では、60万円前後・・・・ということですね。

まあ、とはいっても、そこからお金、いわゆる、収益が発生できると見込めていれば
余裕のよっちゃんということですね。


まあ、ぶっちゃけいうても、そこらである有名信託銘柄
大体年利6~8%程度で運用できてしまうので月利換算とかにすると値は増えるので計算は各々でw
あとは、金のなる木みたいな感覚で、少しずつor一気に投資みたいな感じですかね。


正直、今年らへんから、少しずつ、毎月分配にこだわる必要ないか~と思い始めて
色々と、隔月とか、無分配(決算はしてても、結局分配は内部で分配して、外部には分配しません型)系とかも探したり。
いわゆる、無分配型っていうのは、資産成長型みたいな感じでもたとえられますね。


ちなみに、無分配型って、結局のとこ、ファンド内で、収益分配されているので
そういう風に、資産が成長していきやすいってことなんですわ。


つまり、外部には、資産として分配は、せず、内部的には、資産として収益分配するってことですね。
正直いうと、都合がいいのは、無分配型ですね。
これなら、投資してる側に、どういう風に分配するかを気にせず、ファンドとしては運用できるので。


例えば、これを分配型で、投資側が「あれ?無分配なんだけど、説明!!」みたいな

問い合わせがきたら、正直、販売会社も、証券会社も、運用会社も結構イラッとするというか
対応に追われたり、時間がかかりますよね~。


まあ、そういう問い合わせも、会社を成長させる一つの方法とかでもあるんですけどw


あ、だいぶ話がそれました。

さて、ここで、15万円程度を担保ローンから、引き出したとしましょう。
ちなみに、60~70%を超えると、借入金額を預かり入れして返済するのは

いわゆるクレジットカード払いと一緒なので。

まあ、極端な話、分割払いみたいな感じの手数料が発生するってことですよね
(手数料というか、利息とかで追加で支払うんですけどね)


さて、投信って、正直あまり◆◆ショックみたいなのが起きない限り
基準価額は下がりづらいです。
というのも、ある程度分散されて運用されているからです。



ということで、15万円から50%くらい引き出したとして、7.5万円ほど。
それで、運用すると、どうなるか、というのを表計算ソフトで計算。

ちなみに、emaxisシリーズのある信託だと、0.06~0.08(6~8%の利率で値上がりしていきます。)
くらい上がっていきます
%にすると、6~8%決して6~8割ではないことに注意あくまで100分率で記載すると、0.06とかの値になるだけ。

そういう意味だと、大体
基本的には、積立とか関係なく、ふつーにそういう風な信託に投資すれば
ふつーに資産は増えていくのでは?

まあ、そういう感じですかね。

極端な話、散財というか、貯金という概念みたいなのなし
ひたすら投資とかしてる場合は・・・・という意味だと。

例えば、ふたを開けたら、預金とか全然ありませんでしたー( ;∀;)wwww

とかになってたら、大変ですよね~っていう。
ということで・・・・
一度、閑話休題も含めて、この記事を投稿します~。

ではまた!!

5

どもです~。

そういえば、前回2020年5月時点てこんなんでしたね。

そして、現時点ではこのように


という感じで。

およそ400~450日前後

2020年5月
評価額合計:207万円前後
評価損益:115万円前後
トータルリターン:109万前後

2021年8月
評価額合計:308万円前後
評価損益:37万円前後
トータルリターン:26万前後

​​2020年5月~2021年8月~​​

評価額合計:​​​100万前後増加​​​
※投資もありで。
評価損益:マイナス115万円から、マイナス40万程度まで。
トータルリターン:マイナス109万円から、マイナス26万円前後まで。

大体、売買を含めた投資信託の追加投資自体は、20~35万程度です。
だいぶ様変わりした、というか、投資の金額をかなり減らしましたw
といっても、そもそもの投資自体は、月10~20万程度してます。
​ただ、その中から、お試し、それから、これから長く信託として見守っていくやつ~とか​

定めたりするのに、大体1~2週間くらいかけて
​それから、1~2ヶ月で様子を見て(できれば毎月分配型中心で)​
っていう感じです。

そういえば、前回は、コロナ渦中で結構影響ないと書いておきながら
全然コロナ渦中のおかげで利益が数倍に!っていうのが
この1年間あまりで聞くところあまたってところですねw

去年は、ほとんど投資信託による売買収益などはありませんでしたけど
とりあえず、信託2年目としては、結構なりの売上が見込めた感じです。

​ひとまずは、​​​SBI証券、楽天証券​​​の2つを駆使している感じで​

後は、岡三オンライン証券、松井証券、マネックス証券という感じですが・・・・。
一応GMOクリック証券もあるけど、とりあえずのお試しですw
(ぶっちゃけいうと証券というよりかは、GMOあおぞら銀行目当てでしたw

​ひとまず、去年の確定申告+住民税申告で得られた納税による還付の知識としては​
​​投資信託の収入が増えれば増えるほど配当割が効くので​​
​大体、去年ので、12~14万程度還付もらえたので​
今年は、どれくらいもらえるのか・・・・という。

しかも、その申告内容も、どちらかというと、全部の証券で申告してなかったのでw
​※★ちなみに、全部の証券は、特定口座で源泉徴収ありにしています​

​なぜ、わざわざ確定申告しているか?ということに関しては​
​申告分離で申告するために、確定申告、及び住民税の申告​をしています。​

​一瞬、証券会社で住民税払ってるからええやん、って思う人もいると思いますが​
​まずは、その払った税金というのが​

いわゆる、​所得税、住民税、それから消費税とか、その他いろいろなど・・・・​

基本的には、20.315%とか、5%らへんが関係してくるんですが
それは、国税庁に詳しく載ってるので、計算してみてみださい。w

とりあえず、去年は
​>> ひとまず、来年に、また、50~120万円程度、分配金を増やすために、自分一人だけの投資をしますw​
こんなこと書いてましたけど、​​大体は、売却も含めた買付金額を入れたら、こんな感じで投資してますね。​​​

​大体、2021年10月までは、あまり信託関係で動いたりしない予定なので・・・・。​

という感じです。

​それでは、また、いつ投資信託関連とか書くのかわかりませんが。​

それでは、また~!
​​​​​​​​​​​​

2020年05月07日 木曜日

19:46:53


そういえば、このブログ、というか、日記というか、サイト自体、すごい忘れてましたw

えーっと、色々と、投資信託というか、それを資産運用と入れ替えていいのか・・・・というものですが

大体、今はこんな感じです(゚ー゚)w





2020年05月07日 木曜日

19:46:53



そういえば、このブログ、というか、日記というか、サイト自体、すごい忘れてましたw



えーっと、色々と、投資信託というか、それを資産運用と入れ替えていいのか・・・・というものですが



大体、今はこんな感じです(゚ー゚)w





大体350万ほど、ざっくり信託は購入。

(今年は、50~120万円)



数日前~数か月前は、評価損益自体が、マイナスの160万円だったので

早くも、少しずつリターン(トータルリターンではなく)が、復活してきた感じが・・・・w



まあ、分配金の方は、計算されないよう変えているので・・・・

ひとまず、分配金込みで、リターンを考えた場合

今の時点で、マイナス40~60万円くらいでしょうか・・・・。



とはいっても、そのマイナス自体も、毎月の分配金のお金によって

大体1~4か月で、プラスになりそうです。



今、コロナウイルスだとか、そういう騒動というか、騒ぎがあるみたいですが

こういう証券業界というか、証券がらみ、それと、投資がらみには、あまり関係ないようですね。



まあ、投資自体が、短期決戦みたいなのは、あまり得意ではないというのは、なんとなくわかったので

※詳細は、以下カッコ内に、軽くですが、記載します



株式取引※株式投資ともいう※自体は、1週間~1か月で、ほとんど、プラス1~5万円で、終了

ただ、今は、とりあえず信用取引で保持しているのが、あって、それはほとんど放置・・・・w

為替取引という、FXは、もっと疲れる感じだったので、大体3日~1~2週間で、終了

プラス1万円程度で、撤退wめんどいし(それも去年か、今年入ったときの話ですが・・・・。

合計:プラス2~6万円で撤退





ひとまずは、今の10~20万円分配金生活と、資産運用を含めると

そこまでトータルリターンとかも、マイナスで終わっていいのでは・・・・と。

あくまで、証券口座的には、マイナスかもしれないですけど、その他の部分というか

証券口座がマイナスだろうが、それを上回る上場金をもらえればいいだけなので

※もちろん計算は必要ですが、とはいっても、一度作ったマクロ的な、ただの計算式にあてはめていくだけなので



今のところは、マイナス50~70万円でも、証券口座のトータルリターンは、それくらいでいいかな

という目途は経っています。

というか、前は、160万円程度のマイナスだったのに

今は、110万円のマイナスという感じなので、2~3~4ヶ月で、これくらいなら、ぶっちゃけいいのではw

と。



ただ、必要なく、買い増しとかは、しません・・・・

ただ、買っている信託とかの、運用している運用元のファンドとかは、どうしているのか、というのは

結構念入りに、確認というか、チェックしたほうがよさげですね。・・・・

とはいうても、償還日が、繰り越されてもおかしくないか、もしくは、繰上償還されるとか、そういう下調べは、必要だと思いますし。



ひとまず、来年に、また、50~120万円程度、分配金を増やすために、自分一人だけの投資をしますw



しばらく、またこの日記ブログ的なのに投稿するかは、まだ未定ですが・・・・



それでは、また!!!

このページのトップヘ